初めての転職が失敗に終わらないか不安なときは!?

sa007

1番怖いのは転職が失敗すること!でもリスクはつきもの

初めての転職で怖いものってなんですか?

ぼくは失敗が怖かったです。

当時26歳、もし転職に失敗したら転職なんかするんじゃなかったって後悔するとずっと思ってました。

結果は転職がうまくいって、今のぼくがあるわけですが。

 

20代ならまだいいです。30過ぎたらやっぱり転職で失敗はかなり痛いと思います。

そんな初めての転職失敗の不安はどうしたらいいか、考えてみようと思います。

転職の失敗はたしかにこわいしリスクも多いけど

転職しないこともリスクになることはあるんですよね。

やりがいある仕事で毎日充実していれば転職しなくてもいいでしょうが、毎朝毎朝仕事が嫌で仕方ない、仕事はなんのやりがいも感じない、先輩社員はとても尊敬できる人たちじゃない、上司もやる気がない、こんな中で転職せずに過ごしていれば、数年後にはこの先輩社員や上司のようになってしまいます。

 

それはそれで大きなリスクだと思いませんか?

給料は出て生活には困らないかもしれないですが、自己成長ができない職場は30とか40とか中堅以降になったときにツケがまわってきます。

 

それよりは、ぼくは26歳のあのとき転職しておいてよかったなと思うんです。

あのまま仕事を続けていたら…と考えると、結構ゾッとしますね。

 

みなさんいろいろな立場で初めての転職を考えているとは思うので、ぼくの考えが100%正しいとは絶対に言えないですが、あとで後悔しそうなら、転職に挑戦してみることは必要じゃないでしょうか。

転職の失敗はあるかもしれない。でもどんな挑戦にもリスクはある

a001

そうです、自分が成長しようと動くときは、やっぱりそれなりにリスクはあります。

なにか資格を身につけるときも、勉強に時間を費やしたり、お金を費やしたり、そのせいで寝る時間が削られたり、欲しいもの買えない、なんてこともあるかもしれません。

でもリスクの分は自分の力になるので、まあしょうがないですよね。

 

転職はかなり大ごとなので、不安になって慎重になるのも当然ですけど、リスクがない転職なんてありません。

さっきも書いたように、転職せずに働いていることだって、何らかのリスクを抱えていますから。

 

なにを判断基準にするかは難しいと思います。ぼくは、自分が後悔しないかどうかを判断基準にしています。

30後半になったとき、やっぱりあのとき決断してよかったなって思いたいですから。

 

初めての転職はどう動き出すかを、この記事にまとめています。

⇒初めての転職はこう動き出せ!