初めての転職で面接でいつも不採用になってしまうときはどうしたらいい?

sa007

初めての転職、面接までは進めるのに不採用になってしまうときはどうする!?

初めての転職で面接までは進めるのはいいけど、どうしても面接で不採用になり内定がでない…。

とくに最終面接まで進んで落ちてしまうのは、気が滅入りますね。また1からやり直しとなると、転職をやめようかなと思ったり。。。

ただ、面接まで進めているということは、能力や職務経験はとくに問題ないということです。面接官に会ってみたいと思わせているわけなので、あと一歩というところです。

ここで一体なにが採用と不採用の違いを生んでしまうのかを考えてみましょう。

いつも不採用になってしまうなら面接で自分の押し売りをしてしまっていないかをチェックする

面接で不採用になる本当の理由は、正直言えばよくわからないことが多いもの。
社長の一言で決まることもあるし、ちょっとしたアピールの違いが採否を分けることもあるからです。

ただ、面接であまり良い印象を与えないのは、自分のスキルなどを押し売りしているタイプです。

スキルをアピールするのはとても良いことですが、そのスキルが本当にその企業にとって必要で重宝されるものなのかを考えてアピールしないと、押し売り感が出てしまい、「そんなスキルをウチで披露する機会はない」と思われてしまうでしょう。

初めての転職を成功させようと話をコロコロ変えてはいないか!?

もうひとつ注意すべきは、一次面接、二次、最終と続くなかで、ころころ話の展開を変えないということ。

面接官は変わることもあるので、話が違ってもわからないだろうと思うでしょうけど、面接の内容は面接官で共有していることが多いので、話が急に変わると違和感を与えることは十分あります。

キャリアにしても筋が通ったものが好感を集めますし、面接の自分の態度や言うことにも一本筋が通ったものを心がけたほうが良いです。

面接を成功させようと、その場しのぎで嘘をついたり、話を変えても、あとで困るのは自分だったりしますから、そういう意味でも、一貫性をもった面接をしましょう。

初めての転職面接を成功させるために!

sa006

なかなか面接が通らないと、本当に転職できるか憂鬱な気持ちになってくるかもしれません。
でも、面接も数をこなせば必ず上達します。

今日落ちても次の面接は上手くいくかもしれないので、諦めずにブラッシュアップしていくことが大切なんじゃないかと思います。

初めての転職をどう動き出すべきかはこちらのエントリーが詳しいです。参考にしてください!

⇒初めての転職はこう動き出せ!